MENU

個人事業主がビジネスローンで必要資金を借りる方法

ビジネスローン,個人事業主

個人事業主の人が事業のための資金を借りる方法としては、ビジネスローンがあげられます。

 

普通のカードローンとの違いは、ビジネスローンで
借りたお金の使途が事業に限定されているということです。

 

逆に、カードローンで借りたお金を事業の資金として使うことはできません。

 

ですので、個人事業主の人でも個人の趣味など、
事業以外で使うのであれば普通のカードローンに申し込むことができます。

早く融資を受けたい場合はノンバンク系のビジネスローンがおすすめ

ビジネスローン,個人事業主

ビジネスローンを扱っている会社は、大きく分けると

  1. 銀行系
  2. ノンバンク系

の2つになります。

 

この2つの違いは、銀行系のビジネスローンの方が審査に時間がかかるということです。
銀行によっては1週間から10日ほどかかることもあります。

 

それに対してノンバンク系のローンは審査が早いのが特徴です。
必要書類が揃っていて審査に通れば、即日で融資を受けられるローンもあります。

 

ですので、できるだけ早くに融資を受けたいという場合は、
ノンバンク系のビジネスローンがおすすめです。

 

多くの融資を受けたい場合は

ビジネスローン,個人事業主

また、借りられる金額にも特徴があります。

 

総量規制の対象となっているローンで借りる場合、
年収の3分の1以上の金額を借りることはできません。

 

ですので、それ以上の金額の融資を考えている場合は、
総量規制の対象外となっているビジネスローンを選ぶようにしましょう。

 

また、申し込むローンや金額によって、必要書類が異なってきますので、
あらかじめ調べて揃えておくとスピーディーに融資を受けることができます。


ビジネスローンを個人事業主が借りる時のおすすめサービス

 

ビジネスパートナー「個人事業主向けビジネスローン」の特徴

来店不要・担保保証人不要・スピード審査な【らビジネスローン】
・融資先 :法人又は個人事業主の方
・融資額 :50万円~500万円
・年金利 :9.98%~18.0%
☆スピード審査は最短1日、審査通過後に翌日融資も可能!
☆オンライン申し込みで来店の必要無し!
☆法人の場合は代表者様の連帯保証書があれば保証人も不要!
ビジネスパートナー

 

ビジネクストの特徴

一時的なつなぎ資金だったら【ビジネクスト】のビジネスローン!
・融資額 :1万円~1,000万円
・年金利 :8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)
・年金利 :13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)
原則、無担保・保証人なしで最大1,000万円で融資可能です!
事業拡大・決算時などのまとまった資金に!
一時的なつなぎ資金に人気があります。
ビジネスパートナー

個人事業主はビジネスローンを無担保・保証人なしで借りられます。総量規制対象外で審査も最短即日!

ビジネスローン,個人事業主

ビジネスローンと聞くと難しいものだと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、ビジネスローンとは消費者金融が一般の人とは別に、
事業決済用にも利用することができるように開発した商品です。

 

ビジネスローンは総量規制対象外となっています。

 

そのため、確定申告で経費を高く提出し、書類上の収入が少なくなっているような
個人事業主でも、まとまった金額を借りることができます。

 

いくらまで貸し出しができるかは金融機関の判断となっており、
契約者の信用にも関係してきます。

 

ビジネスローンは即日審査で無担保・保証人なしでOK

ビジネスローン,個人事業主

ビジネスローンは早ければ即日で審査が行われ、その日のうちに契約することも可能です。

 

これは一般のカードローンと変わりがありません。
ただ、事業を証明する書類が必要となりますので、手続き上は少し複雑になります。

 

一般のカードローンと同様に、無担保で保証人も必要ありません。
事業を証明する書類としては、取引先からの発注書があれば問題ありません。

 

書面でない場合、PDFなどのデジタルデータを印刷するだけでも問題ありません。

 

また発注書の金額は審査には影響することはありませんので、
単純に架空の会社でないことが証明できれば良いのです。

個人事業主の場合は普通のカードローンを組むよりもよい可能性がある

ビジネスローン,個人事業主

ビジネスローンは事業決済に利用できますが、生活決済に利用しても問題はありません。

 

まとまった金額で契約できる可能性が高いことから、
個人事業主の場合は普通のカードローンを組むよりも
ビジネスローンを組んだほうが、金利が低くなる可能性があります。

 

複数の借り入れがある場合ビジネスローンでまとめてしまうのも負担を軽くする手段の一つです。


個人事業主の人がビジネスローンで即日融資を受けるには

ビジネスローン,個人事業主

個人で事業をしていると、急に現金が必要になることがあります。

 

例えば、

  • 急に仕入れたい品物が出てきた
  • 従業員に支払う給料が足りなくなった
  • 事業上の付き合いでの冠婚葬祭費や会食費

などなど。

 

それでも3~4日の猶予があればまだ良いのですが、
中にはどうしてもその日のうちに必要になることもあるでしょう。

 

そのような時、手元に用意できるお金がない時には、
即日融資をしてもらえる個人事業主向けのビジネスローンがおすすめです。

ノンバンク系のビジネスローンなら即日融資が可能

ビジネスローン,個人事業主

ビジネスローンはたくさんの会社で扱っていますが、
すべての会社のビジネスローンが即日で融資をしてくれるわけではありません。

 

一般的に銀行系のカードローンは審査に時間がかかるといわれています。
中には10日から2週間程度はかかることもあります。

 

即日融資を希望するのであれば、ノンバンク系のビジネスローンを選びましょう。

ゆとりのある時にあらかじめ申し込んでおくと安心

ビジネスローン,個人事業主

ローンへの申し込み自体は、ほとんどの場合WEBでできますし、
必要書類もWEB上にアップしてそのまま送ることができます。

 

あとは、利用するローンや金額によって必要となる書類が異なりますので、
あらかじめ確認して手元に揃えておくことが必要です。

 

言われてから書類を用意していると、即日での融資は間に合いません。

 

また、今現在融資が必要でない状態でも、
一度カードを作っておくことで、必要な時にいつでも融資を受けることができます。

 

心配な人は、足りなくなってから申し込むのではなく、
ゆとりのある時にあらかじめ申し込んでおくと安心できるでしょう。


個人事業主が急ぎで事業資金を借りるには銀行やノンバンクのビジネスローンを

ビジネスローン,個人事業主

個人事業主が、
・開業資金
・新規事業資金
・多額の仕入れ費用
などの、急ぎの事業用の資金を借りる場合には、
銀行かノンバンクのビジネスローンが適している場合があります。

 

金利が高めに設定されますが、不動産などの担保が必要ありません

 

また、第三者による保証も不要で申込みができるため、
煩雑な手続きや用意する書類が少なく、迅速に審査や契約までの手続きが進められます。

 

一般的に銀行よりもノンバンクの方が審査が早く、即日での融資も可能となっていることがあります。
一刻を争う場合は、ノンバンクを選ぶといいでしょう。

用意する書類と手続きの方法

ビジネスローン,個人事業主

用意する書類は、金融機関によって違いがありますが、

  • 本人の確認ができる身分証明書
  • 前年度もしくは2期分の確定申告書
  • 事業計画書や概況書

などの書類となります。

 

実際に経営していることが分かる領収書や請求書などの書類も提出を求められることもあります。

 

ビジネスローンは総量規制の対象外のため、年収の3分の1を超える借り入れも可能となりますが、
事業計画や資金繰り表の書き方が大切になる場合もあります。

銀行系とノンバンク系の違い

ビジネスローン,個人事業主

ビジネスローンには、カードローンのように、

  1. 専用のカードを発行して、利用限度額の範囲内で何度も借り入れができるタイプ
  2. 利用限度額を全額貸付して、返済専用になるローンとなるタイプ

の2つがあります。

銀行系の特徴

銀行には返済専用のビジネスローンが多く、
途中の融資の増額や、随時返済ができないことがあります。
しかし、借入限度額が高く設定され、
まとまった融資を受けたい場合には非常に有利になります。

 

ノンバンク系の特徴

ノンバンクのカードローンは、現金が足りない時の資金繰りとしての利用に向いています。
また、個人の生活費としての利用も可能となっているものもあります。


個人事業主がビジネスローンの審査落ちをする原因とその対応方法について

ビジネスローン,個人事業主

個人事業主がビジネスローンを借りる場合、
会社員よりも審査が厳しいことから審査落ちをするケースが多くあります。

 

その原因となるのは、まず所得の低さです。

 

個人事業主は確定申告において、様々な経費を計上します。
その経費で所得金額を下げることになるので税金を安くすることができます。

 

ただ、ビジネスローンを借りる際の審査はこの所得金額を元に判断することになるので、
収入が少ないと判断されてしまうのです。

 

また個人事業主の場合には、収入は安定しないと判断されています。
たとえ直近の収入が多いとしても、それが将来も保証されるとは見なされないわけです。

 

審査落ちしないための対応方法

ビジネスローン,個人事業主

そこでその対応方法としては、消費者金融や銀行などの
個人事業主のためのローンを利用することです。

 

一般のカードローンは生活などに利用するのは良いのですが、
事業のために利用することはできなくなっています。

 

けれども、この個人事業主用のローンであれば、
総量規制の対象外となることから利用できることになります。

 

総量規制とは、個人が消費者金融から融資を受ける場合、
借入額が収入の三分の一を超えてはならないとするものです。

 

けれども事業用に借りる場合にはこの規制がかからないことになります。
そのために利用することが可能となるわけです。

 

金利が低いことが特徴となりますし、最高融資額もかなり高い金額まで設定されています。
独立してからローンの融資が受けられないと悩む人にとっては役に立つものとなります。


個人事業主が資金として借りるビジネスローン:オリックスクレジットのおすすめサービスは

ビジネスローン,個人事業主

個人で事業をしていると、

 

「融資してもらった資金の返済が一週間後にせまっている」
「新しいビジネスプランを実行に移してみたいけれど資金が足りない」

 

など、時によっては資金繰りに悩まされることがあるかと思います。
そのような時に便利なのが、個人事業主向けのビジネスローンです。

 

ビジネスローンには銀行系のローンと消費者金融系のローンがありますが、
銀行系のローンの場合、審査に時間がかかるという特徴があります。

 

ですので、融資を急ぐのであれば消費者金融系のローンに申しこんだ方が早く融資を受けられます。

オリックスクレジットの「オリックスクラブカード」がおすすめ

ビジネスローン,個人事業主

個人事業主の人が借りるビジネスローンとして人気があるのが、
オリックスクレジットの「オリックスクラブカード」です。
オリックスクラブカードのおすすめサービスとしてあげられるのは、主に以下の三点です。

 

まとまった融資が可能

まず個人事業主で且つ指定された書類を提出すると、
総量規制の対象外として融資が受けられるようになるという点です。

 

ですので、審査に通れば年収の3分の1以上の借入れも可能になるのです。

 

審査が早い

また、店舗に行くことなく手続きが完了し、審査が早いこともあげられます。
申し込みはもちろん、必要な書類もWEB上にアップして送ることで手続きを完了させることができます。

 

その上、平日14:30までに契約内容の同意手続きが完了していれば、
その日のうちに融資をしてもらうこともできます。

 

借入れ・返済が自由

また、利用可能枠の範囲内であれば、いつでも借入れ・返済が自由にできます。
一度カードを作っておくことで、突然資金が必要になったという時にも、いつでも利用することができて安心です。


「ビジネスローンを個人事業主が借りるために必要なこと」関連情報